伝説の絵に描いた餅

日々の出来事をイラスト・マンガで気ままに更新

負のスパイラルで死刑宣告

職場はかなり忙しい
チラシ、広告、社内報などの制作を手がけている。
部長は定年退職
後輩Aはリストラ
その後
人付き合いの得意だった課長はこの会社に見切りをつけ営業に転職
同僚は他部署の女の子とドロン(笑)
残されたのが自分と後輩B(エヴァ)

突然の出来事

状況はますます酷くなっていった。
多忙ではあったがなんとか業務をこなしていた。
ところがそこへ追い打ちをかけるような出来事が起きる。
社長が亡くなってしまったのだ。
会社を立て直そうと試行錯誤を繰り返し頑張っている矢先の出来事だった。
瞬間湯沸かし器の如く怒り狂う人ではあったが、敏腕でカリスマ的な存在、尊敬出来る人でもあった。
社員一同、心から信頼できる存在だっただけに扇の要を失った影響は大きい。
後に息子が社長を引き継ぐのだが、全くやる気のない人物で社員の士気は下がる一方。
おまけに怒り狂う部分だけは引き継いだようで社員に理不尽な内容で怒鳴り散らす毎日。
例えば社長室のエアコン。
極度の暑がりで夏の冷房設定温度は17度、冷蔵庫のように冷えたきった室内。
設定温度を20度上げたら「誰が温度上げた!お前か!お前か!」って犯人捜しをして怒鳴り散らしてました。
一応ISO14001を取得しているの会社なので環境マネジメントシステム守ってもらわないと困るんですけど。設定温度28度って決まってますから。

怒鳴る理由は本当にくだらない事ばかり。
この社長にはついて行けないと何名かが去って行った。親族経営だが身内すら辞めて行く始末。(現社長のダメダメな面白いエピソードは幾つかあるが、これは次の機会にしたいとおもいます。)

死刑宣告

ある日
もう一人の後輩のエヴァ(仮名)に話があると言われた!
その瞬間
「ピンッ!」ときた。いやな予感がする。
エヴァ「あんこ先輩、突然ですが今月いっぱいで私会社辞めます」
その直感は的中し後輩は職場を去っていった。
とても優秀な後輩だった!
入社時から育て上げた逸材だっただけに本当にもったいない。
会社としてかなりのマイナスだ。
しかし嘆いていても仕方ない。
去る者は追わず。
いや、いっその事自分も去ってしまおうか…
心の中で何回呟いただろうか・・・

f:id:ankomando:20170111014419p:plain


後輩も会社に見切りをつけ退職を決断した!
この部署で残されたのは自分だけ
たった一人。
たった一人で今までの仕事をこなさなければならない。
激務は超激務へと変貌した
辞めるタイミングを失い
さまよい続ける事になる…

過労による体調不良

パソコンによるデータ作成は一見机に座っているだけで楽そうに思えるがそうでもない。
座りっぱなしによる腰痛と肩こり、目もかなり疲れる。頭ガンガンの頭痛。
一番辛いのは右手。
一日に何回マウスをクリックしてるのだろうか・・・
1,000回・・・いや、もっと押してるな
10,000回くらい?
カチカチと押すたびに激痛が走る。
ネットで調べたところ、おそらくマウス症候群だと思われる。
マウス症候群とはPCのマウスを長時間、不自然に手首を固定した状態で使い続けたために起こる反復性ストレス障害。常に右手がダルくて痛い。
職業病だろうか。

忙しい日々が続いているが他部署も人手が足りていない。
連日の残業と休日出勤の影響か体調不良を訴えていた工場長はついに入院。
腹膜炎だった。
果たして負のスパイラルから脱出できるのだろうか

そして求人募集

さすがにどの部署も仕事がまわらないため、求人募集をすることになった。

次回、あんころもちは面接官

読者登録していただけたら飛び跳ねて喜びます

 

ランキング参加中↓
押してくれるとブリッジして喜びます

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

こんな記事も書いてます

www.ankomando.com

 

www.ankomando.com

 

www.ankomando.com

 

イラストや画像の無断使用・複製・改変を禁じます。Copyright 2016 あんころもち All Rights Reserved.